FC2ブログ

因果律

因果律の働きは完璧です 原因があれば数学的正確さをもって結果が生じます その原因と結果のつながりにすんごうたりとも影響を及ぼす力をもつものは1人もいません(シルバーバーチのスピリチュアルな生き方Q&A P203)

因果律は根源的なものであり、基盤であり変更不能のものです 自分が種をまいたものは自分で刈り取る これが絶対的摂理なのです(シルバーバーチのスピリチュアルな生き方Q&A P203)
スポンサーサイト



地上生活の目的 3

そもそもこうして地上に生まれてきたということがあなたがまだまだ完全でないことの証拠です 欠点に気づいてそれを直し、過ちを犯してそこから教訓を学び、そうやって少しずつ内部の神性を開発していく、それが地上生活のそもそもの目的です がそれは長い長い時間を要することです(シルバーバーチの新たなる啓示 P112)

真の価値

要はその人が生きてきた人生の中身、つまりどれだけ人のために尽くしたか、内部の神性をどれだけ発揮してきたかにかかっています 大切なのはそれだけです 知識はないよりはあるにこしたことはありません がその人の真の価値は毎日をどう生きたかに尽きます(シルバーバーチは語る P219)

不滅の霊性

愛、情愛、友情、同情、慈悲、あわれみ、寛容心、こうしたものは不滅の霊性です 愛に死はないのです(シルバーバーチの霊訓9 P36)

自由の身

知識にも真理にも叡智にも成長にも限界というものがないと悟った時、あなたは真に自由の身になります 心の奥では間違いであることに気づいていること、理性が拒否していることを思い切ってかなぐりすてることができた時、あなたは真の自由を獲得します 新たな真理の光に照らして誤りであることに気づいたものを恐れずにすて去ることができた時、あなたは自由の身となるのです(シルバーバーチの霊訓12 P76~P77)

残された者

次のことをぜひ理解してください すなわち死は死んでいくものにとっては悲劇ではなくあとに残されたものにとっての悲劇にすぎないということです 暗黒から光明へとおもむくことは悲しむべきことではありますまい 悲しんでいるのは実はその人に先立たれた自分のことであって肉体の束縛から解放されたその人のことを悲しんでいるのではありません その人はより幸せになっているのです もう肉体の束縛から解放されたその人のことを悲しんでいるのではありません その人はより幸せになっているのです もう肉体の病に苦しめられることがなくなったのです 激痛にさいなまれることがなくなったのです 天賦の霊的資質が発現し何の障害もなくそれを発揮し援助を必要としている人々のために役立てることになるのです(シルバーバーチのスピリチュアルな生き方Q&A P59)

死とは 2

そもそも死というものは少しも怖いものではありません 死は大いなる解放者です 死は自由をもたらしてくれます みなさんは赤ちゃんが生まれると喜びます が私たちの世界ではこれから地上へ誕生していく人を泣いて見送る人が大勢いるのです 同じように地上ではだれかが死ぬと泣いて悲しみますがこちらではその霊を喜んで迎えているのです なぜならば死の訪れは地上世界で果たすべき目的を果たし終えて次の霊界が提供してくれる莫大な豊かさと美しさを味わう用意がその霊にそなわったことを意味するからです (シルバーバーチのスピリチュアルな生き方Q&A P59)

人間には霊があるあるいは魂があると信じている人でも実在は肉体があって霊はその付属物であるかのように理解している人がいます 本当は霊が主体であり肉体が従属物なのです つまり真のあなたは霊なのです 生命そのものであり神性を有し永遠なる存在なのです(シルバーバーチの霊訓1 P33)

死とは

死は地上生活の労苦に対して与えられる報酬であり、自由であり、解放です いわば第2の誕生です 死こそ真の生へのかぎを握る現象であり肉のろうの扉を開け閉じこめられた霊を解き放ち地上で味わえなかった喜びを味わうことを可能にしてくれます 愛によって結ばれた仲が死によって引き裂かれることは決してありません(シルバーバーチの霊訓1 P150)

真の富

物的なものはいずれくち果て元のちりに帰ります 野心、欲望、富の蓄積、こうしたものは何の役にも立ちません しょせんはあなた方も霊的存在なのです 真の富はその本性に宿されているものだけであってそれ以上ではありえませんしそれ以下でもありえませんそのことを生涯を通じて悟っていかなくてはいけません それを悟ったとき、あなたは真の自分を見出したことになり自分を見出したということは神を見出したということになりそうなった時のあなたこそ真の意味での賢者といえるのです(シルバーバーチの霊訓4 P95)
プロフィール

fukjp99

Author:fukjp99
愛、奉仕

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR