FC2ブログ

理性 5

もともと神は人間に理性的判断をふよしております それは日常生活において行使すべく意図された神からの授かりものです 理性を抑圧してりふじんなものを信じさせようとするものは光明へ逆らって生きていることになります 理性にしたがう人間はその過程がいかに苦痛でいかに困難であろうとそしてまたその結果、神聖にしておかすべからずものと教えこまれた聖典に記されているものを放棄せざるを得なくなったとしても少なくとも自分には正直であるといえます(シルバーバーチの霊訓2 P181)
スポンサーサイト



産児制限 (動機)

人間の誕生は自然法則によって支配されているとおっしゃっておられますがそうなると産児制限はその自然法則に干渉することになり間違っていることになるのでしょうか

いえ間違ってはいません 経済的理由、健康上の理由、その他の理由でそうせざるを得ないと判断したのであれば出産を制限することは正しいことです この問題でも動機が大切です 何ごとも動機が正当であれば正しい決着をみます 出産を制限することもその動機が正しければ少しも間違ったことではありません(シルバーバーチの霊訓8 P129~P130)

過ぎ去ったこと 2

過ぎ去ったことはそこから教訓を学ぶためでなければ、つまり失敗をどう正すか、2度とあやまちを犯さないためにはどうすべきかを反省するためでなければむやみに振りかえるべきものではありません 未来へ目をやり今日行うことをこれから訪れるより立派な日の素地としなければなりません(シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ P124)

死 7

肉体にはいずれ死が訪れます 死によって霊が肉体から解放されるのです その意味では肉体の死は霊の誕生です その死を地上の人間は悲劇とみますがわれわれ霊界のものにとっては少しも悲しむべきことではありません 霊界への誕生なのですから死は自由解放への扉を開いてくれる恩人です わずらわしい地上の悩みごとから解放してくれるのです 特殊な例外を除いて死は罰ではなく報酬です ですから死というものを何としても食い止めねばならない悲劇と見ないで魂が本来の自我を見出すために仕組まれた大自然の生命活動の一貫と見るべきです(シルバーバーチの新たなる啓示 P136)

葛藤

人間の内部には人間くさいものと神性を帯びたものとが同居していて両者の間でつねに葛藤があります 霊性に軍配があがったときは大霊と一体となったときですうこうな喜びにひたります 人間性に軍配があがったときは霊的自我は落胆しています(シルバーバーチのスピリチュアルな生き方Q&A P17)

人のため 18

いかなる分野の仕事にたずさわっていても同じことです 人に役立つことをするチャンスは決して見逃してはなりません
私がこれまでみなさんにお教えしたかった教訓はそのことに尽きるのではないでしょうか サービスこそ霊の正貨であることそれが霊の唯一の財産であること、それは天下の回りものであり1人が独占すべきものではないということを理解していただこうと苦心してきたのです(シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ P24~P25)

神とは 4

神とは非人間的存在でありながら同時に人間性のすべてを表現する存在です これはあなた方には理解できないでしょう 神はすべての生命の中に宿っています その生命が人間という形で個別性をもつことによって神は森羅万象を支配する法則としてだけでなく個性をもつ存在として顕現したことになります
ですから神を1個の存在としてではなく無限の知性と叡智と真理をそなえた実在そのもの、人間に想像しうるかぎりの神性の総合的統一体と考えてください それは男性でもなく女性でもなくしかも男性でもあり女性でもあり個性というものを超越しながら同時にあらゆる個性の中に内在しているものです(シルバーバーチの霊訓11 P108)

真理 3

人生にはその2つの力が作用しております 原因に対し寸分の狂いもない正確さをもってそれ相当の結果が生じます 結果は原因にしたがうほかはないのです その原因もまたそれ以前の原因の結果でありその関係が人生のありとあらゆる側面に途切れることなく無限に続いております しかしあなたにとって何ひとつむだというものはありません 真理は真理です どうけなしても真実なものは真実です にせものは早晩消えていきます が真理はどうけちをつけてもその真実性が損われることはありません それが真理というものなのです(シルバーバーチの霊訓2 P65)

霊、霊力

霊は物質にまさるのです 霊力こそ宇宙の支配力なのです だからこそいつも申しあげるのです 心をふるい立たせなさい、胸を張って生きなさい、地上世界に怖がるものは何ひとつありませんと 何ごともかならず克服できます(シルバーバーチの新たなる啓示 P102)

死 6

人間が死と呼んでいるのは物的身体が物をいわなくなる現象です 用事が終わって霊との縁が切れ元の大地へ戻っていくのですが往々にしてそれが霊に十分な準備が整っていないうちにおきるのです それはともかくとして霊は肉体というろうから解放されてそれよりはるかに精妙な構造をした霊的身体で自我を表現することになります 地上では眠っていた霊的感覚が発揮されはじめるとその活動範囲も飛躍的に広がります(シルバーバーチの霊訓12 P32)
プロフィール

fukjp99

Author:fukjp99
愛、奉仕

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR