FC2ブログ

自由 3

地上には古いしきたりから抜け出せない人が大勢います それが宗教的なものである場合もありますし、政治的なものである場合もありますし、自分の想像力でこしらえた小さな精神的ろう獄である場合もあります
魂は常に自由でないといけません みずからをろうの中に閉じこめてはいけません まわりに垣根を張りめぐらして新しいものを受け入れなくなってはいけません 真理はたえまなく探求していくべきものです その境界は限りなく広がっていきます 魂が進化するにつれて精神がそれに呼応していくからです(シルバーバーチ 愛の摂理 P191)

神 11

神は愛を通してのみ働くのではありません にくしみを通しても働きます 晴天だけではなく嵐も法則の支配を受けます 健康だけでなく病気を通しても働きます 晴天の日だけ神に感謝し、雨の日は感謝しないものでしょうか 太古の人間は神というものを自分たちの考える善性のごんげであらしめたいとの発想から悪魔の存在を想定しました 稲妻や雷鳴の中に自分たちの想像する神のせいにしたくないものを感じ取ったのです(シルバーバーチの霊訓12 P112)

真実の宗教 3

真実の宗教は人のために役立つことをすること、これしかないことがわかります 無私の善行は霊の通貨なのです すなわち人のために精いっぱいの努力をする人はその誠意によって引きつけられる別の人によってそのお返しを受けるのです(シルバーバーチ 愛の力 P204)

愛の力 4

愛の力とは何か、どのように作用するのか、どのように規制されているか、どういう摂理のもとに管理されているかは、とうてい言語では説明できません ただ確実にいえることは正しい条件 誠実さ、奉仕的精神、知識を基盤とした確信さえあればその力があなたを支え、導き、いかなる体験にも力強く対処させ、あなたに託された目的を達成する上で援助してくれるということです(シルバーバーチ 愛の力 P166)

霊的知識を広める 2

個々の魂がみずから成長しようとすることが必須条件です 外部からありとあらゆる条件を整えてあげても本人の魂が成長を望まなければ、あなたにもなすすべがありません ですからあなたにできることは霊的知識を広めること、これだけです 正しい知識を広めることによって無知をなくし、頑迷な信仰をなくし、偏見をなくしていくことです とにかく知識のたねをまくのです 時にはそれが石ころだらけの土地に落ちることもあるでしょう が根づきやすい土地もいたるところにあります まいたたねはきっと芽を出します(シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ P197~P198)

摂理 18

神の摂理は機械的に機能し自動的に作用すると説きます すなわち、親切、寛容、同情、奉仕の行為が自動的にそれ相応の結果をもたらして霊性を高め、反対に利己主義、罪悪、不寛容の精神は自動的に霊性をさげます この法則はかえようにもかえられないのです みっともない執行猶予も安価な赦免もありません 神の公正が全宇宙に行きわたっております 霊的な小人が巨人のふりをしてもごまかせません 死の床でのくいあらためも通用しません(シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ P143~P144)

日常の行ない

これまで地上にはあまりに長いあいだ、あまりに多くの宗教が存在し、それぞれに異なった教えを説いてきました しかしその宗教がもっとも大事にしてきたものは実質的には何の価値もありません 過去において流血、虐待、手足の切断、火刑といった狂気の沙汰まで生んだ教義や信条への忠誠心は人間の霊性を1センチたりとも増していません
それどころかいたずらに人類を分裂させ、障壁をこしらえ、国家間、さらには家族間にも無用の対立関係を生みました 論争のたねともなっています 分裂と不和を助長することばかりを行なってきました 大霊の子らと1つに結びつけることに失敗しています 私が宗教的建造物や組織としての宗教に関心がないのはそのためです 主義、主張はどうでもよいのです 大切なのは日常のおこないです(シルバーバーチのスピリチュアルな生き方Q&A P173)

因果律 35

うまく罪をまぬがれるものは1人もいません 摂理は間違いなく働きます たとえ結果が地上で出なくても霊界で出ることを断言します 因果律はいかなる手段をもってしてもかえられません 永遠に不変であり、不可避であり、数学的正確さをもって働きます 原因があればかならず結果が生じます それから逃れられるものは1人もいません もしいたら大霊は大霊としての絶対的な条件である完全な公正を失います(シルバーバーチのスピリチュアルな生き方Q&A P136~P137)

魂 3

人間が地上で生活できているのは魂が物的身体に活力を与えているからです 魂が引っこめば身体は活力を失って死にます その魂に地上で使われているような名前はありません 本質的には大霊と同じですから、無限の存在です そして無限ですから無限の表現が可能です 魂には多くの側面があるというのはそういう意味です それを私はダイアモンドにたとえているわけです それらの側面が別々の時期に地上に生まれでて体験を積み、ダイアモンド全体としての進化に寄与するのです(シルバーバーチのスピリチュアルな生き方 Q&A P64)

霊力 6

霊力は生命そのものです あなた方のいう神の分霊です 生命とは霊であり、霊とは生命なのです 霊はいかなる形態を通してでも生命を表現しています

なぜ今の時代にそれが必要かといえばそれは唯物主義がもたらした混乱、黄金の子牛の像の崇拝、すなわちお金第1主義がはびこりすぎたからです
唯物主義はその本質自体がどん欲、ごうよく、自分第1主義に根ざしています 同じ天体上に住んでいながら自分以外のものへの思いやりも気づかいも考えず、ひたすら自分の快楽と蓄財にはげみます 敵対関係、戦争、えんこん こうしたものをうみ出すのは唯物主義です 物質がすべてである、死はすべての終わりである、だったら自分の思うままに生きて何が悪いという論法です
こうした自己中心の考え方が地上界に暗黒と困難、闘争と暴力とにくみあいを生み出すのです 人間は霊的存在としての宿命を背負っているのですからその宿命を成就するための生き方をするにはそうしたものをなくさないといけません(シルバーバーチの新たなる啓示 P180~P181)
プロフィール

fukjp99

Author:fukjp99
愛、奉仕

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR