FC2ブログ

苦しみや悲しみの体験

忘れてならないのは真理を理解するには前もって魂に受け入れ態勢ができあがっていなければならないということです その態勢が整わないかぎりそれは岩石に針を突きさそうとするようなものでいくら努力してもむだです 魂が苦しみや悲しみの体験を通じて耕されるにつれて岩石のような硬さが取れ、かわって受容性のある、求道心に富んだ従順な体質ができあがります(シルバーバーチの霊訓7 P69)
スポンサーサイト



大霊 13

あなたは人生でのたたかいに臆することなく立ち向かい、いかなる事態におかれても、自分には困難を克服し障害を乗りこえ、霊的品格と美質ときょうじんさを身につけていく力が秘められているとの自信をもつことができます それであなたも宇宙の大霊に貢献していることになります
大霊は無限の多様性をもった統一体です 人間1人ひとり異なっていながら根源においては同じです 同じ大霊によって生命をふよされているからです が顕現の仕方はたきにわたり、まったく同じ個性は2つと存在しません しかもいずれも神の遺産として発達させれば自分より恵まれないものを救うことのできる能力がふよされているのです(シルバーバーチの霊訓8 P173)

正しい生き方 2

神の計画は絶対に狂いません 本来は人間もその定められた計画にそって進まねばならないのです しかし人間はおろかさと無知と利己心から誤った道へはずれる可能性もあるのです 美しい花を咲かせるべき庭園に雑草を生い茂らせることもありうるということです 正しい生き方とは何であるかをみずから学んで行かねばなりません そうすることが人間としての神への貢献となるのです 潜在的には無限の霊的属性を秘めておりますがそれをくしできるようになるにはそれなりの努力をしなければならないということです(シルバーバーチの霊訓9 P39)

霊 30

物質の世界に生まれて来た以上は物質の法則によって制約を受けざるを得ません がみなさんも霊なのです 魂が宿っているのです それはいかなる物的なものよりも上です 霊が主人であり物質は召使いです 霊は不変の実在であり物質には永続性はないのです
その霊が去ると肉体はもろくも崩れてちりと化します 形体をかえてしまいます そして2度と同じ形体には戻りません 一方真実のあなたである霊は生き生きと輝いた姿を見せております 心臓だの肝臓だの肺だのによって生かされているのではないのです
肉体に生きるエネルギーあるいは生命を維持するうえで必要なものすべてを供給しているのは霊なのです(シルバーバーチの霊訓10 P102)

真理 10

真理は魂の方にそれを受け入れる用意ができるまでは真理として受け入れられることができません これは真理のあらゆる側面についていえることです 真理とは無限性をもつものですからその全体を理解するには永遠の時を要します それがまた無限の過程なのです
受けいれる用意のできていない人に真理を押しつけることはできません そこにはかならず混乱、論争、討論、議論といったものが生じます がそれにもそれなりの意義があります その混乱の中から受けいれる用意のある人にとっての真理が出てきます その用意というのは霊的進化の程度、発達段階によって決まります それは各自が自分で決めていくというのが宿命です(シルバーバーチの霊訓11 P129)

困難 20

困難というのは霊の真の資質、神から授かった才能を発揮させるための挑戦として歓迎なさることです みなさんの内部には地上最大の力が潜在的に宿っているのです いかなるハンディキャップも、いかなる障害も、いかなる困難も、その潜在力で克服できないものはありません(シルバーバーチの霊訓11 P126)

既成宗教

既成宗教に籍をおくものはいずれ、これまでに犯したあやまちのすべてに責任を取らねばならない日がやってまいります 摂理をまぬがれる方法はありません 神の目はごまかせないのです とくに霊の声を聞いたものはその反動は大きくなります その声に素直にしたがえないものは何も知らずに信じているものより大きな報いを受けます(シルバーバーチの霊訓12 P60)

真理普及 11

わたしは霊的真理に基づいた原理を説いております いかなる問題もこれを適用すれば遠からず解決します わたしは人間の苦痛の叫び声に無神経なわけではありません できることなら重荷のすべてをわたしが背負ってあげたいくらいの気持ちです ですが地上世界のことは地上世界で片づけないといけないのです そこには公正というものが行きわたるようになっているのです と言ってただ単に苦しい体験を積むばかりでは無意味です その中から教訓を学び取らないといけません そこで霊的摂理についての知識が大切となります それを広めないといけません(シルバーバーチ愛の摂理 P90~P91)

宿命

宿命とおっしゃいましたが、何もかもあらかじめ定められていると意味での宿命はないと考えています これも用語の問題 宿命という用語をどう定義するかの問題です 宇宙はあくまでも秩序によって支配されていて人間生活の重大な出来事もその計画の1部であるという意味ではあらかじめ定められているといえると思います
そうした宿命的な出来事を生み出す波動や放射物、そしてそれらが人間各自に及ぼす影響を正確に計算しようと思えばできないことはないはずですが最終的にはやはり霊が絶対優位にあり物的なものは霊的なものに従属したものであると主張いたします(シルバーバーチ愛の絆 P34~P35)

霊の絆

霊の目をもって見るものは民族、国家、気候、肌の色、宗教の別をこえて見つめ全人類を1つにつなぐ霊の絆を見てとります 地上世界は今こそそうした単純な真理を見直す必要があります あまりに長いあいだ教義とドグマ、祭礼と儀式といった宗教の本質、ないしは生命の大霊とは何の関係もないものにつまずいてきました
私は魂をより意義ある生活へいざなってくれるものでないかぎり、教義とか信条、ドグマといったものには関心がありません 日常の行い以外のものには関心を向けません(シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ P94)
プロフィール

fukjp99

Author:fukjp99
愛、奉仕

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR