FC2ブログ

正しい生き方 3

正しい生き方、すなわち霊的知識に順応した日常生活を送れば自動的にあなたは霊的に、精神的に、物質的に必須のものを思い通りに手にすることができるようになります 物的なものを最優先させようとする考え方がそもそも間違いなのです 物的世界におかれている人間としての義務、あるいは自我の表現器官としてのその身体にとって大事なものも無視しなさいと言っているのではありません 心に宿す思念が霊的摂理に順応したものであれば霊と精神と身体とが調和し一体となって働くので必要なものはかならず手に入るようになるといっているのです(シルバーバーチの霊訓12 P168~P169)

苦闘

私たちは、人間1人ひとりが果たすべき責任をもって生まれていると説いております たとえ今は世界が混とんと心配とけんそうに満ち、敵意と反抗心とにくしみに満ちていても、そうした苦闘と悲劇を耐え忍ぶことの中から、新しい世界が生まれようとしております そのためにはその旗手となるべき人々がいなくてはなりません その人たちの先導によって真一文字に突き進まねばなりません
霊は苦闘の中で、困難の中で、刻苦の中でみずからを磨かねばなりません 平坦な道ではなく、困難を克服しつつ前進しそして勝利を手にしなくてはなりません 恐怖心がいちばんの敵です 無知という名の暗黒から生まれるものだからです(シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ P246)

祈り 26

祈りとは大霊に近づかんとする魂の切実な願いです その行為そのものが内部に宿る大霊を発現させ、未踏の階層までいたらしめてくれるのです そこに不公平も特別の配慮もありません 祈りという行為によって魂が身を引きしめ、大霊をより多く発現し、それだけ多くの恵みをわがものとすることができるということです 大霊の恵みは無限です そしてあなたの魂も無限に開発されていきます(シルバーバーチのスピリチュアルな生き方 Q&A P21~P22)

永遠不滅の真理

永遠不滅の真理にしがみつくことです 影がさし、太陽の光がさえぎられてもそれは一時的に雲が通りかかったにすぎないと思いなさい その雲のうしろでは太陽が輝いているのです 逆境の時にも大霊の愛が働いているのです 人生の計画はかならずその通りに推移します みなさんはいま、わくわくするような体験をさせてくれる人生の出発点に立っていることを喜ばないといけません(シルバーバーチの新たなる啓示 P207)

動機 21

何ごとも動機が大切です たとえば健康に良くないから肉は食べないというだけでは霊性は向上しません 呼吸器に悪いからという理由でたばこを吸わないようにしてもそれで霊性が向上するわけではありません
そうではなくて霊性を開発しようと決意しその開発に少しでも障害になるものは控えるというのであれば殊勝なことです 大切なのは動機です(シルバーバーチ最後の啓示 P77)

完全

完全は絶対に成就できません なぜならそれには永遠の時が必要だからです 私は謎めいたことを言っているのではありません 要するに完成へ向けてのたえまない過程において1歩前進すればそのまた1歩先が見えてくるということです 知識と同じで知れば知るほど知らなければならないことがあることを自覚するものです 知識にはこれでおしまいというものはありません 叡智にも真理にも理解にも霊的悟りにもおしまいというものはありません なぜならそれらはすべて無限なる神の1部だからです(シルバーバーチの霊訓1 P72)

霊 31

愛というのは霊と精神の属性です そうでなかったら永続性はありません 実在はかならず内部から発するものです あなた方は物的身体をもった霊的存在です 永遠の実在は霊であり、肉体ではありません 肉体が朽ちて元の元素に戻っても霊は存在し続けます(シルバーバーチの霊訓2 P157)

シルバーバーチ霊団の目的 11

私の興味は真理だけです 真理こそが最も大切です 私のいう新しい世界が基盤とすべき永遠の霊的真理を理解していただくために私はひたすら自分を役立てることだけを考えております その大事業からはずれたことをする人間は本来同胞のためにささげるべきエネルギーをむだに費やしていることになります 私たちがこうして地上へ戻って来たそもそもの目的は聞く耳をもつものの魂にしげきを与えて新しい世界の構築のために地上の人間なりの役割を果たしていただくことにあります(シルバーバーチの霊訓3 P122)

自由意志 34

神性を宿した種子は1人の例外もなくすべての人間に植えられております その小さな種子は畑にまかれた種子と同じく正常な成長をうながす養分さえ与えればやがて芽を出し花を咲かせそしてみごとな実をつけます
その種子は神があなた方の魂に植えてくださっているのです がその手入れをするのは自分自身です いつ花を咲かせるかあるいははたして首尾よく花を咲かせるかどうかはひとえに各自の努力にかかっております 各自には自由意志があります もしもその種子を暗闇の中に閉じこめて霊的成長のための光、慈善の光、善行の光を与えずにおけば神の属性はいつになっても発揮されることはありません(シルバーバーチの霊訓4 P37)

不完全さ

神はつねに存在しこれからもつねに存在し続けるということだけです 神の法則は完璧に機能しております つまり今のたとえ話で申しあげた通りあなたは完全な光をお持ちです ですがそれを磨きの悪い鏡に反射させれば完全な光は返ってきません それを光が不完全だ、光は悪だとはいえないでしょう まだ内部の完全性を発揮するまでに進化していないというにすぎません 地上で悪と呼んでいるものは不完全な段階で神を表現している不完全さを意味するにすぎません(シルバーバーチの霊訓5 P149)
プロフィール

fukjp99

Author:fukjp99
愛、奉仕

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR