FC2ブログ

摂理 30

摂理というのは表向きは単純に見えても奥は実に複雑なのです 摂理のうらに摂理がありそのまたうらにも摂理があるというふうに幾重にも重なっているのです 全体を見ることができれば1つのパターンがあることに気づかれるのでしょうけどあなた方には1つの側面しか見えません それでどうして なぜという疑問が生じるのです 1部でもって全体を判断しようとするからです(シルバーバーチ 最後の啓示 P76)

霊的な灯台

私たちはラベルやタイトル、名称や組織、団体といったものにはあまりこだわりません 私自身スピリチュアリストなどと自称する気にはなれません 大切なのは暗闇と難問と混乱に満ちた地上世界にあって霊的知識を正しく理解した人が1人でも多く輩出して霊的な灯台となり暗闇の中にある人の道案内として真理の光を輝かせてくださることです(シルバーバーチの新たなる啓示 P46)

教義

教義による束縛は地上世界の苦痛のたねの1つです 伝染病や不健康よりやっかいです 病気による身体上の苦痛よりはるかにたちが悪いものです なぜならそれは魂の病気だからです 霊に目隠しをしてしまうのです
にもかかわらず大霊の息のかかった叡智が無限にあるというのに人間の浅知恵がこしらえた教義にしがみつこうとする人がいます ろうの中にいた方が楽だと思う人がいるものなのです 自由とはそのありがたさがわかったもののみが手にするものです(シルバーバーチ 愛の摂理 P151)

波動

生命のあらゆる側面が1つに融合しているのです 仕切り線というようなものはありません その中に物的な側面と霊的な側面とが存在し同じ場所で融合しているのです
たとえてみれば無線の周波のようなものです あなたのいらっしゃる同じ位置に周波数の異なる電波が無数に存在するのです 宇宙空間に充満しているのです がそのうちのどれをキャッチするかは受信機の性能1つにかかっています それと同じであなたは今の段階では物的波動に制約されています それしかキャッチできないのです 霊視能力者というのは同じく光の波動でも物的なものとは次元の異なるより精妙な波動をキャッチできる人のことです 霊視能力者というのは同じく音波でも物的なものをこえたより繊細な波動をキャッチできる人のことです すべてはその人の性能にかかっております(シルバーバーチ 愛の力 P34~P35)

摂理 29

摂理の裏側に別の次元の摂理があります 大自然の生育、国家ならびに民族の進化をつかさどる摂理とともに1人ひとりの人間を支配している摂理があります これらが裏になり表になりながら働いているのです 無限の叡智というかぎを手にしないかぎりその全体に完全な調和が行きわたっていることを悟ることはできません が間違いなく調和が行きわたっているのです(シルバーバーチ 愛の絆 P176)

苦痛

この世は、なぜこんなに苦しみが多いのですか

苦痛を通じてのみ、人は神の真理を学びとるのである つらい経験のるつぼでもまれてはじめて人は世を支配する神法の真理に目覚めるのである

世間には苦しみをもたない人がたくさんいるように思いますが

人間とは神性を宿した存在、だから肉体的なことよりも霊的なことが肝心 霊的な苦痛というものは肉体的苦痛よりはるかにその痛みが大きいものだ(シルバーバーチ霊言集 350 P182)

真の健康

真の健康は調和です 精神と霊と肉体の正しい連係関係です 3つの機能が一体となって働くということです これは動物を苦しめたり体内から特殊成分を抽出したりすることによって得られるのではありません 宇宙の摂理に調和した生き方を成就すれば自然に得られるのです そういう生活を送れば人間は病気によって死ぬことはなくなり老化現象によって死を迎えることになります 肉体がそれなりの目的を果たし次の世界の生活のための霊的準備が整った結果としてそうなるのです(シルバーバーチの霊訓1 P132)

真理を広める 2

真理を広めるということは大切な仕事であり大勢の人に与えられる絶好機、人のために自分を役立てる貴重な手段であることがわかります はんもんの叫び声をあげている数知れぬ人々は私たちが奮闘すべき場を提供してくれているのであり1人が光を見出すごとに、1人が無知の闇から抜け出て知識を手にするごとに、1人が悲しみの涙をよろこびの笑みに変えるごとに、魂の勝利、永遠のたたかいの中における勝利をかちえたことになります(シルバーバーチの霊訓2 P166)

自由意志 37

今日の地上の不幸はその大半が自由意志による選択を間違えたことに起因しています それにはかならず照合がなされさらに再照合がなされます そうすることで進歩したり、退歩したりします そうした進歩と退歩の繰りかえしの中にも少しずつ向上進化がなされております 先んずるものもあれば、おくれを取るものもあります 先を行っているものがおくれているものの手を取って引き上げてやり、おくれているものが先を行きすぎているものにとって適当な抑制措置となったりしています そうやってたえまなく完成へ向けての努力がなされているわけです がその間の人生のあらゆる悲劇や不幸にはかならず埋めあわせの原理が働いていることを忘れてはなりません(シルバーバーチの霊訓3 P179~P180)

霊 33

物的身体は神の意図された通りに生活上の必需品をきちんとそろえることによってつねに完全な健康状態に保たねばなりません 一方霊はあらゆるドグマと信条による足かせから解放されねばなりません そうすることによって実質的価値、つまり霊的に見て意味のないものに忠誠をささげることなく、真実なるもののためにのみ精を出すことになり、過去幾千年にもわたって束縛してきた信条やドグマをめぐっての戦争、仲たがい、闘争をなくすことができます(シルバーバーチの霊訓4 P104)
プロフィール

fukjp99

Author:fukjp99
愛、奉仕

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR