FC2ブログ

苦の体験 2

人間は、厳しく磨(みが)かれ、清められ、純化されなければなりません。絶頂もどん底も体験しなければなりません。地上生活だからこそ体験できるものを体験しなくてはいけません。そうした体験によって霊性が強化され、補強され、死の向こうに待ちうける生活への準備が整うのです。(シルバーバーチ 今日のことば P132)

スポンサーサイト



地上で何を為すべきか 2

地上に生をうけるとき、地上で何を為(な)すべきかを魂自身はちゃんと自覚しております。何も知らずに誕生してくるのではありません。自分にとって必要な向上進化を促進するには、こういう環境でこういう身体に宿るのが最も効果的であると判断して、魂みずからが選ぶのです。ただ、実際に肉体に宿ってしまうと、その肉体の鈍重さのために、誕生前の自覚が魂の奥に潜(ひそ)んだまま通常意識に上がってこないだけの話です。 (シルバーバーチ 今日のことば P139)

祈り 35

宇宙の霊的生命とのより完全な調和を求めるための祈り、すなわち、肉体に宿るがゆえの宿命的な障壁を克服して本当の自我を見出したいと望む魂の祈り、これは必ず叶(かな)えられます。(シルバーバーチ 今日のことば P9)

問題 2

もしもあなた方の進む道を影がよぎるようなことがあれば、もしも何か大きな問題が生じた時は、もしも心に疑念が生じ、そして迷いが生じた時は、どうぞそれらは実在ではなく影にすぎないことを自分に言い聞かせて、羽(はね)を付けて一刻も早く追い出してしまうことです。(シルバーバーチ 今日のことば P31)

死 33

皆さんもいずれは寿命を全(まっと)うしてその肉体に別れを告げる時が来ます。皆さんのために尽くして古くなった衣服を脱ぎ捨てるときが来ます。霊が成熟して次の進化の過程へ進む時期が来ると、自然にはげ落ちるわけです。土の束縛から解放されて、死の彼方で待ちうける人々と再会することができます。その、めでたい第二の誕生にまとわりついている悲しみと嘆(なげ)き、黒い喪服と重苦しい雰囲気は取り除くことです。そして一個の魂が光と自由の国へ旅立ったことを祝福してあげることです。(シルバーバーチ 今日のことば P180)

死の恐怖

もしあなたが死の恐怖におびえそうになった時は、自分の存在の始源、すなわち大霊の分霊であることを思い起こし、この全大宇宙を創造したエネルギーと同じものが自分にも宿っていることの意味を熟考することです。そこから勇気を得て、壮大の気宇(きう)をいただくことです。下を向いてはいけません。上を見るのです。そして、援助は自分の内部と外部の双方から得られることを知ってください。(シルバーバーチ 今日のことば P178)

向上

「向上」とは、不完全さを洗い落とし、完全へ向けて絶え間なく努力して成長していくことです。それには、今日一日を大切に生きるということだけでよいのです。毎朝の訪れを性格形成のための無限の可能性を告げるものとして迎えることです。それが自我を開発させ、人生に目的性を持たせることになります。(シルバーバーチ 今日のことば P151)

祈り 34

霊的に見て、あなたにとって何がいちばん望ましいかは、あなた自身には分かりません。もしかしたら、あなたにとって最も嫌(いや)なことが、実は、あなたの祈りに対する最適の回答であることもありえるのです。(シルバーバーチ 今日のことば P10)

道しるべ 2

誰の人生にも道しるべが用意されております。もしも霧(心の迷い)によってそれがぼやけて、よく見えなくなった時は、いったん足を止めることです。ただの霧ですから、そのうち晴れてまた辿(たど)るべき道が見えてきます。雲にさえぎられている時でも太陽は照り輝いているのです。(シルバーバーチ 今日のことば P106)

霊的存在 18

大半の人間は、地上だけが人間の住む世界だと考えております。現在の生活が人間生活のすべてであると思い込み、そこで物的なものを、いずれは残して死んでいかねばならないものなのに、せっせと蓄積しようとします。戦争・流血・悲劇・病気の数々も、元はといえば、人間が今この時点において立派に霊的存在であること、つまり人間は肉体のみの存在ではないという生命の神秘を知らない人が多すぎるからです。人間は肉体を通して自我を表現している霊魂なのです。それが、地上という物質の世界での生活を通じて魂を成長させ発達させて、死後に始まる本来の霊の世界における生活に備(そな)えているのです。(シルバーバーチ 今日のことば P137)

プロフィール

fukjp99

Author:fukjp99
愛・奉仕

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR