FC2ブログ

死 43

死は生命に対してまったく無力なのです 生命はつねに意気揚々としています 愛する息子さんは決してあなたのもとを去ってはいません むしろ死によって霊的にはさらに身近な存在となっているとも言えるのです むろん、そのことが今のあなたに理解できないことは私も承知しております なぜならあなたは物質の世界に生き、物質の目で見つめておられ、霊の世界のすばらしい壮観がごらんになれないからです しかし、いつの日かその物質のベールが取り除かれて霊的な目が開かれれば、あなたも新しい世界の目もくらまんばかりの光輝をごらんになり、人生には完壁な償いの法則があり、すべてが神の摂理によって治められていることを理解されることでしょう 私も何とか力になってあげたいと思っているのですが、そのためには、あなたと私とは同じ人生を2つの異なった角度から眺めていることを忘れてはなりません(シルバーバーチの霊訓7 P89~P90)

人のため 44

どうのこうのと立派なことを言ってもそれを人の為に役立てなかったらつまり自分の獲得した知識を他の人に分けてあげなかったら、せっかくあなたに授けられた知識の本来の意義を自分の人生で生かしていない事になるのです なさねばならない事は山ほどあります われわれの努力によって喜ばせてあげられる人があちらにもこちらにも大勢いる事を自覚して心おどる気持ちで仕事にまい進しようではありませんか(シルバーバーチの霊訓3 P119)

シルバーバーチ霊団のメッセージ

私たちがたずさえてくるメッセージは地上人類にとって実にすばらしい恩恵をもたらします 魂を解放し、神からの遺産のすばらしさに目を開かせます あらゆる足かせと束縛をすてるように教えます 霊的真理の本当のありがたさを教えます 物的生活の生き方と同時に霊的生活の生き方も教えています 美と愛と叡智と理解力と真理と幸福をもたらします 人のために、ひたすら人のために、と説くメッセージです
ところがそのメッセージをたずさえてくる私たちが、神を正しく理解していない人々、霊の働きかけの存在を信じない人たちによって拒絶されております それはいつの時代にもよくある話です(シルバーバーチの霊訓4 P100)

真理普及 24

何もかもが危険にさらされているこうした時期こそ霊的真理を教えてあげる必要があります 信仰という信仰がことごとく片隅に追いやられ、すべてが混乱の渦中にある今こそ、こうした単純な霊的真理を説くことによって自分を役立てることができるのです その真理だけは不変です なぜならば不変の自然法則の働きを土台としているからです あなた方は大規模な混乱と破滅を目のあたりにされています 他の国ではさらに大規模な、そして見るも無惨な光景が繰りかえされています 混乱と残酷、裏切りと暴虐が大手を振ってのし歩いております まさに野獣のごとき暴力が我が物顔に振る舞っております あたかも自由の灯が完全に消され、全てが闇と化したかのごとく思われる国が数多く見られます
こうした時こそ、われわれ霊的法則の働きを知ったものが、霊的真理こそが人間にかつて想像もしなかった高い視野を与えてくれること、心の中に消そうに消せない炎をともしてくれること、最後は霊的光明が勝ち、自由をわがものとすることができることを説いて聞かせるべき時です(シルバーバーチの霊訓3 P28)

奉仕 34

これから先にも大きな仕事が私たちを待ちうけております 再構築の仕事です 心に傷を負い、精神的に打ちのめされた人、人生に疲れ果てた人、生きる意欲を失った人、不幸のために心を取り乱している人、暗闇の中に光を求めている人 私たちはこうした人々を快く歓迎してあげなくてはいけません(シルバーバーチの霊訓2 P173~P174)

心霊治療 4

あなた方が真に奉仕の精神に燃え霊的能力を人のために役立てたいと望めば、その霊力があなた方を通してその人たちに流れこみ、苦痛を和らげ、調和を回復させ、まひした関節ならばこれを自由に動かせるようにし、そうすることによって霊的真実に目覚めさせることになることでしょう
ただこの道には往々にして挫折があります 私どもの仕事は人間を扱う仕事です 残念ながら人間は数々のもろさと弱み、高慢と見栄、偏見と頑迷さで塗り固められております 自分のことよりまず人のためと考える人はまれです 大義のために一身上のことを忘れる人はほとんどいません しかし振りかえってごらんになれば、そうした条件の中にありながらも、霊的な導きによって着実に使命に沿った道を歩み、これから先の歩むべき方角への道しるべがちゃんと示されていることを明確に認識されるはずです これまで1点の疑念も疑問の余地もないほどその威力を証してきた力は前途に横たわる苦難の日々を正しく導いてくれます(シルバーバーチの霊訓1 P108~P109)

霊的自我

あなた方が直面する悩みごとは私にもよく分かっております しかし霊的知識を有する者はそれを正しく運用して、物的要素にかたよらないようにならなければなりません 霊的要素の方に比重をおかなければいけないということです 正しい視野に立って考察すれば、焦点を正しく定めれば、日常生活での心の姿勢さえ正しければ、物的要素に対して最小限度の考慮を払い、決してかたよることはないでしょう そうなれば霊的自我が意のままに働いてあなたを支配し、生活全体を変革せしめるほどの霊力がみなぎり、ついには物的要素に絶対に動かされない段階にまで到達することでしょう(シルバーバーチの霊訓1 P74)

霊の力 13

荒廃しきった世界にはなさねばならないことが数多くあります ひあいに満ち、涙にむせび苦痛にあえぐ人にあふれ、何のために生きているかを知らぬまま、首をうなだれ、行き先が分からずに、さまよっている人が大勢います そうした人たちにとって、目にこそ見えませんが、霊の力こそ本当のなぐさめを与え、魂をこぶし、元気づけ、導きを必要とする人々に方向を指し示してあげる不変の実在があることを、その霊力が立証してくれます(シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ P137)

男女

男女が生活を共にするということを物質の側面からだけ考えてはいけません あなた方は2つの霊的存在であることを忘れてはなりません 2つとも大霊の1部であり、霊界からの愛がお2人のために尽力したように、お互いにいたわりあい、愛しあい、尽くしあうとの誓約のもとに一緒になられるわけです これから2つの魂が冒険の旅に出るために一緒になられるのです その意味でわたしたちは物的な側面よりも霊的な側面の方を見つめております わたしたちにとってはその方が永遠の実在だからです(シルバーバーチ 愛の摂理 P203~P204)

イエス 2

ナザレ人イエスというのは結局、何だったのでしょうか 並はずれた霊的才能を持ち、言うことなすことすべてが背後霊に導かれていた、1個の人間だったのでしょうか それとも、きわめて霊格の高い高級霊が降臨したのでしょうか

どちらも真実です 問題はイエスの生涯に関する記録はきわめてとぼしく、断片的で、そのうえずいぶん書きかえられているということです
イエスの生涯の最大の価値は心霊的能力と霊的能力を見事に使いこなしてみせたことにあります 心霊的法則と霊的法則を私利私欲やよこしまなことに使用したことは1度もありませんでした 時には人間性をむき出しにしたこともありましたが、霊的摂理というものを完全に理解しておりました
歴史的に見れば彼のような生身の人物による啓示を必要とする時代だったから出現したと理解すべきです が彼がその啓蒙のために使用した霊力は今あなた方の時代に顕現している霊力とまったく同じものだったのです(シルバーバーチ 愛の絆 P39~P40)
プロフィール

fukjp99

Author:fukjp99
愛、奉仕

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR