FC2ブログ

唯物主義

問題のそもそもの根元は人間生活が霊的生活によって支配されずに、明日への不安と貪欲、妬みと利己主義と権勢欲によって支配されていることにあります 残念ながらお互いにたすけ合い協調と平和の中に暮らしたいという願望は見られず、我が国家を他国より優位に立たせ、他の階層の者を犠牲にしてでも我が階層を豊かにしようとする願望が支配しております すべての制度が相も変わらず唯物主義の哲学を土台としております 唯物主義という言葉は今日ではかなり影をひそめてきているかも知れませんが、実質的には同じです 誰が何と言おうとこの世はやはりカネと地位と人種が物を言うのだと考えています そしてそれを土台としてすべての制度をこしらえようとします 永遠の実在が無視されております 人生のすべてを目で見、耳で聞き、手で触れ、舌で味わえる範囲の、つまりたった五つの感覚で得られるほんの僅かな体験でもって判断しようとしています(シルバーバーチの霊訓6 P80~P81)
スポンサーサイト



真理普及 27

あなたのように霊的な知識を手にした人間は、自分のもとを訪れる人にそれを提供する義務があります ですが、受け入れる用意のできていない人をいくら説得せんとしても、それは石垣に頭を叩きつけるようなもので、何の効果もありません 手を差しのべる用意だけはいつも整えておくべきです もしお役に立てば、そうさせていただいたことに感謝の意を表しなさい もしもお役に立てなかったら、その人のために涙を流してあげなさい その人はせっかくのチャンスを目の前にしながら、それを手にすることができなかったのですから それ以外に方法はありません 容易な手段で得られたものは容易に棄て去られるものです(シルバーバーチの霊訓8 P166)

霊界での生活

霊界での生活は段階的に向上していくようになっています 各界層、段階、ないし表現の場は、下と上とが地理的にではなく進化的な意味で重なり合い、次第に融合しております 魂が向上し、より高い境涯への適応性が身につくと、自動的にその境涯に置かれるのです これも完全な叡智の完璧な働きの一例です 何一つ偶然ということがないのです
霊的に病んでいる場合はこちらにある病院へ行って必要な手当てを受けます 両親がまだ地上にいるために霊界での孤児となっている子供には、ちゃんと育ての親が付き添います 血縁関係のある霊である場合もありますが、
霊的な近親関係によって引かれてくる霊もいます このように、あらゆる事態に備えてあらゆる配慮がなされます それは自然の摂理が何一つ、誰一人見捨てないようにできているからです(シルバーバーチの霊訓8 P116~P117)

身体 3

人間にはいろいろな身体があって、それぞれ発達程度が異なります その肉体から脱け出ると、それとそっくりの幽質の身体をまといますが、それは地上時代からずっと使用し自我を表現していたものです バイブレーションが地上生活にふさわしい高さだからです その幽体は地上で肉体が実感があったように、他界直後の生活においては立派に実感があります
すべては意識している場の問題です 船に乗っている夢を見れば、眠っている間はそれが現実です 夢だったと思うのは目が覚めた時です そして船は幻だったことになります もしも永遠に夢を見つづけるとしたら、その夢の生活が現実となることでしょう 目が覚めている間は地上生活が実感があるように、その夢の状態が実感があるように思いつづけることでしょう(シルバーバーチの霊訓8 P91)

霊の力 14

生まれや地位、身分、職業、民族、国家の別は関係ありません また仕事で地下に潜っていても、海洋へ出ていても、空を飛んでいても、あるいは列車に乗っていても、船に乗っていても、工場で働いている時も事務所で働いている時も、お店でお客の相手をしている時も、あるいは家で家事にたずさわっているときも、つねに霊の力の恩恵にあずかることができるのです
霊的貯蔵庫との波長がうまく調和しさえすれば、その恩恵にあずかることができます 各自がもつ受容能力に似合った分だけを授かります 何とすばらしい真理でしょう それなのになお地上にはそれを否定する人がいます(シルバーバーチの霊訓7 P114)

知識普及 2

地上の人々が霊的な摂理を理解し、内部に具わっている霊的資質が自然に発揮されるような自然な生活を送れば、二つの世界の間にかかっているベールが突き破られ、すべての障害が撤去されることでしょう その障害はことごとく人間の無知と迷信と偏見とによってこしらえられたものばかりなのです 言うなれば闇の勢力です ぜひとも打ち破って、愛と力と導きと光明がふんだんに地上へ届けられるようにしなければなりません
私がいつも知識の普及を口にするのはそのためです 霊的知識こそが、みずからを閉じ込めている牢獄から魂を解放する大きな力となるのです 自由と言う名の陽光の中で生きるべきでありながら暗い魂の牢獄の中で暮らしている人が多すぎます(シルバーバーチの霊訓7 P86~P87)

動物の第六感

動物にはいわゆる第六感というのがあって災害を予知したり、知らないところからでもちゃんと帰って来たりしますが、これも心霊能力ですか

そうです 霊能者にも同じことが出来ます ただ動物の場合はその種属特有の先天的能力である場合があります これも一種の進化の先がけで、その能力だけがとくに発達したわけです ハトのようにどんな遠くからでも帰って来る能力もそれです 本能と呼ばれていますが、一種の先見の明です(シルバーバーチの霊訓5 P105)

完全 3

神の計画に関わる仕事は犠牲なしには成就されないのです 取り壊しなしには建て直しはできません 人間は大きな悲劇に遭遇してはじめて霊的なことに関心を抱きはじめ、その拠ってきたる源を探ろうとします つまり、あれこれと物的手段を試みてそのすべてが何の役にも立たないことを知ると、ワラをもつかむ気持でどこかの宗教団体にすがりつき、そしてやがて失望します
そうしたことの繰り返しの中で霊的真理が台頭し、新しい世界──神の摂理が正しく機能している世界──の建設が始まります そうなるまでは何かと大きな問題の絶えることはありません が、いずれにしても、何も言うことのない完全な世界にはなりません なぜならば完全に近づけば近づくほど、その先により高い完全が存在することを知るからです(シルバーバーチの霊訓4 P118~P119)

永遠の摂理

私にできることは永遠・不変の宇宙の原理・原則を指摘することだけです 地上世界のことがすべて探求しつくされ、説明しつくされ、理解されつくしたあとに、なおかつ誰一人として完全に究めることも説明することもできない永遠の摂理があります それは構想においても適応性においても無限です 人間のすべてが、日々決断を迫られる問題に直面した時に、自分が霊的存在であること、大切なのは物的なもの──それはそれなりに存在意義はあっても──ではなくて、それがあなたの本性、永遠の霊的本性に与える霊的な意義であることを自覚することができるようになれば、どれだけ素晴らしいことでしょう(シルバーバーチの霊訓4 P94~P95)

シルバーバーチ霊団の使命 6

霊的盲目による無知の中に浸り切り、祭礼や儀式に取り囲まれ、しかも今の時代に聖霊による地上への働きかけがあることを認めようとしない聖職者は、いずれその代償を払わされることになります 私たちは人のためになることをしようとする人なら、いかなる分野の人でも味方として歓迎します 私たちにとっての敵は破壊的態度に出る人たちだけです 私たちは愛と奉仕の翼にのって、援助の手を差しのべられるところならどこへでも参ります それが私たちに課せられた大切な使命なのです(シルバーバーチの霊訓4 P35~P36)
プロフィール

fukjp99

Author:fukjp99
愛・奉仕

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR