FC2ブログ

祈り 22

本当の祈りと御利益信心との違いを述べれば祈りが本来いかにあるべきかがおわかりになると思います 御利益信心は利己的な要求ですからこれを祈りとよぶわけにはいきません ああしてほしい、こうしてほしい かねがほしい、家がほしい こうした物的欲望には霊界の神霊はまるで関心がありません そんな要求を聞いてあげても当人の霊性の開発、精神的成長にとってなんのプラスにもならないからです 一方魂のやむにやまれぬ叫び、霊的活動としての祈り、暗闇に光を求める必死の祈り、万物の背後に控える霊性との融合を求める祈り、そうした祈りもあります そうした祈りには魂の内省があります つまり自己の不完全さと欠点を自覚するがゆえに、必死に父なる神の加護を求めます その時の魂の状態そのものがすでに神の救いの手を受け入れる態勢となっているのです ただこれまでも何度か述べたことがありますがそうした祈りをあえて無視してその状態のまま放っておくことが実はその祈りに対する最高の回答である場合がよくあります こちらからあれこれと手段を講じることがかえって当人にとってプラスにならないという判断があるのです しかし魂の奥底からの欲求、より多くの知識、より深い悟り、より強い力を求める魂の願望は自動的に満たされるものです。(シルバーバーチの霊訓1 P169~P170)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukjp99

Author:fukjp99
愛、奉仕

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR