FC2ブログ

因果律 50

万が一にも大自然の摂理に欠陥が見つかったら私はこのたびの使命をすべて放棄します もしどこかに摂理のとおりにおこなっていないところが見つかったら教えてください しかしそういうことは絶対にありません 原因にはかならず結果がともないます まいたたねを刈るのです それ以外にはありようがないのです(シルバーバーチの霊訓9 P48)

因果律 49

因果律の働きは完璧です 原因があれば数学的正確さをもって結果が生じます その原因と結果のつながりにすんごうたりとも影響をおよぼす力をもつものは1人もいません 刈り取る作物はまいた種から生じているのです 人間はみな、地上生活でのおこないの結果を魂に刻みこんでおりそれを消し去ることは絶対にできません そのおこないのなかにあやまちがあればその行為の結果はすでに魂に刻みこまれており、その1つ1つについてしかるべきつぐないを終えるまでは霊性の進化は得られません
因果律は根源的なものであり、基盤であり、変更不能のものです 自分が種をまいたものは自分で刈り取る これが絶対的摂理なのです 原因があればそれ相当の結果が数学的正確さをもって生じます それ以外にはありえないのです かわってその結果が新たな原因となって結果を生み出しそれがまた原因となる この因果関係が途切れることなく続くのです 咲く花は間違いなくまいた種に宿されていたものです(シルバーバーチのスピリチュアルな生き方Q&A P203)

因果律 48

大きな業を背負って生れて来た人間が何かのきっかけで愛と奉仕の生活に入った場合、その業がいっぺんに消えるということはありえますか

自然法則の根本はあくまでも原因と結果の法則、つまり因果律です 業もその法則の働きの中で消されていくのであって途中の過程を飛びこえていっぺんに消えることはありません 原因があればかならずそれ相当の結果が生じその結果の中に次の結果を生み出す原因が宿されているわけでこれはほとんど機械的に作動します 質問者がおっしゃるようにある人が急に愛と奉仕の生活に入ったとすればそれはそれなりに業の消滅に寄与するでしょう しかしいっぺんにというわけには行きません 愛と奉仕の生活を積み重ねていくうちに徐々に消えていきやがて完全に消滅します 業という借金をすっかり返済したことになります(シルバーバーチの霊訓4 P80〜P81)

因果律 47

いわゆる因果律というのはかならずしも地上生活中に成就されるとは限りません しかしいつかは成就されます 原因があれば結果があり両者を切り離すことはできないのです しかしいつか成就されるかという時期の問題になるとそれは原因の性質いかんにかかわってきます すぐに結果の出るものもあれば地上生活中には出ないものもあります その作用には情状しゃくりょうといったおなさけはなく機械的に作動します 罪を犯すとその罪がその人の霊に記録されそれ相当の結果を生みそれだけ苦しい思いをさせられます  それが地上生活中に出るかいなかは私にもわかりません それはさまざまな事情のからんだ複雑な機構の中で行われるのですが因果律の根本の目的が永遠の生命である霊の進化にあることだけはたしかです(シルバーバーチの霊訓12 P210)

今日

首をうなだれてはいけません うしろを振りむいてはいけません 前を見るのです 過去のページはすでにめくられ2度と元へは戻せないのです 生命の書はつねに新しいページをめくるのです その日その日のために生き、昨日のために生きてはいけません 明日刈り取る収穫のたねをまくのは今日なのです(シルバーバーチ 今日のことば P96)
プロフィール

fukjp99

Author:fukjp99
愛、奉仕

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR