FC2ブログ

教訓

あなた方はいろいろと多くの教訓を学んでこられました 教訓は自分で学ばねばなりません 私が代わりに学んであげる訳には行きません 私たち霊界の者にとって一番辛いのは愛する人間が困難の中にあって必死に頑張っているのを傍観する事です 傍観と言っても何もしないと言う意味ではありません 出来る限りの援助はいたします しかし魂の成長にとって掛けがえの無いチャンスを奪う事になる事だけは許されないのです
イエスは神の御国はあなた方の中にあると言いました 実に偉大なる真実です(シルバーバーチの霊訓1 P191)

霊界 2

とにかく私たちの世界には光と闇といった対照が無く従って影もありません 光だけです 光の中だけで生き行ける段階まで到達した霊は光とは何かについて完全な理解が出来ております そうでなかったらその階層におれません その階層に至るまではやはり光と闇の錯覚の世界である幽界に留まります 進化して行くとそういう比較対照を必要としない段階に至ります そうすれば実在の真相をより正しく理解する様になり実相をあるがままに知る事が出来ます
 例えば一輪の花にしてももし霊眼に寄ってその全体像を見る事が出来れば地上では見られない美しさが鑑賞出来ます 霊眼には全ての物の内側と外側とが見えるのです 内側には地上の様な外側だけの世界に見られない無限の種類の色彩があります 色調も無数にあります そして物的感覚では理解出来ない霊的な実体感を有しております 私たちは地球の引力の作用を受けません また永遠の光が存在します 魂が開発されるに連れてその程度にふさわしい美しさも開発されます こちらは創造進化の世界です そこに生活する者自らが創造していく世界です(シルバーバーチの霊訓1 P174~P175)

霊界

霊的法則は霊界でも地上でも同じ作用をするのでしょうか
 
違います こちらでは同一レベルに迄進化した者同士の生活が営まれており霊格による区別がはっきりしているからです ですから地上のように比較対照と言う物がありません 各自がその霊格に合った階層で生活しており程度の低い者と高い者とが一緒に暮らすという事がありません 地上では精神的並びに霊的発達程度の異なる者が毎日の様に顔を合わせますがこちらではそう言う事はありません ただし使命を受けて低い階層へ降りて行けば別です そうでない限り同じレベルの霊同志の生活が営まれます やがてそのレベル以上に向上して来れば次のレベルへ進んで行きます ですから一つの階層で対照的な生活が営まれる事が無い訳です(シルバーバーチの霊訓1 P174)

苦難の体験

こうして霊力の道具として役立つだけの資格を身に付けるまでにはそれなりのトレーニングが要ります それは大変な事です 何となればその結果としてある種の鍛錬、ある種の確信を身に付けなければならずそれは苦難の体験以外には方法がないからです 霊力の道具として歩む道は厳しいものです 決して楽ではありません 容易に得られた霊能では仕事に耐えきれないでしょう 魂の最奥・最高の可能性まで動員させられる深刻な体験に耐えるだけの霊性を試されて初めて許される事です そうして身に付けたものこそ本物でありそれこそ霊の武器と言えます
その試練に耐え切れないようでは自分以外の魂を導く資格は有りません 自ら学ぶまでは教える立場に立つ事は出来ません それは苦難の最中、苦悩の最中、他に頼る者とてない絶体絶命の窮地において身に付けなければなりません 最高の物を得る為には最低まで降りてみなければなりません こうした霊的覚醒言えかえれば飢えと渇きに喘ぐ魂に霊的真理をもたらす事は実に大切な事です それが地上での存在の理由の全てなのです なのに現実は大多数の人間が身に付けるべき物をロクに身につけようともせず地上を素通りしております(シルバーバーチの霊訓1 P161~P162)

潜在的神性を意識的に発現させること

では如何にすればこの驚異的な潜在的神性を意識的に発現させる事が出来るのでしょうか
それに関して地上には各種の学説、方法、技術があります いずれも目指す所は同じで脳の働きを鎮め、潜在的個性を発現させて本来の生命力との調和を促進しようという物です 要するに物的混沌から脱け出させ霊的静寂の中へと導く事を主眼としておりますが私はどれといって特定の方法を説く事には賛成しかねます 各自が自分なりの方法を自分で見出していくべき物だからです
自我を一時的に潜在意識にコントロールさせそれをきっかけにして内部の生命力とのつながりをより緊密にそしてより強くさせる事を目的とした内観法が幾つかあります それが次第に深まれば霊界からのインスピレーションを受ける事も多くなります まず心霊的な面が開発されます 続いて霊的な面が開発され宇宙の内奥に存在する生命力がふんだんに流れ込むようになります(シルバーバーチの霊訓1 P155~P156)
プロフィール

fukjp99

Author:fukjp99
愛・奉仕

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR